ダイエット中に揚げ物は食べちゃだめ?

ダイエット中でも揚げ物が食べたい

ダイエット中も揚げ物が食べたい

揚げ物って美味しいですよね。

ジューシーな肉や新鮮な魚貝をサックサクの衣に包んでジュワッと揚げる。

想像しただけでもよだれが・・・

美味しくって、美味しくって、ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

そんなダイエットにとっての大敵の揚げ物ですが、

ダイエット中に全く食べてはいけないというわけではありません。

 

トンカツや若鶏のから揚げなどは、ダイエット中に必要なたんぱく質や

必須アミノ酸も豊富に含んでいる健康食です。

揚げ物を食べる事自体は悪い事ではありません。

 

しかし、揚げ物は総じて高カロリーです。

それは揚げ物に使われている油が少量でも高カロリーだからです。

 

油を食べる=太るではない

よくみなさんが勘違いしているのは、

油を食べると太るというもの。

 

あながち間違いではないのですが、

油を摂取しなければそれで痩せるというわけではありません。

 

体脂肪と言うのは使われなかった余分なカロリーが体に蓄積されたものです。

それは油でなくても、肉などのたんぱく質、米などの炭水化物、果実や野菜などの果糖でも、

オーバーカロリーになれば体脂肪として体に蓄えられてしまいます。

 

なので、油だからダメというわけではないんです。

しかし、油というのは少量でも高カロリーになってしまい、

少し食べ過ぎただけで、すぐにオーバーカロリーになってしまいます。

この当たりが”揚げ物=太る”という図式になってしまうんですね。

 

しかし、揚げ物も食べる量をきちんとセーブすれば、それほど太る原因にはなりません。

例えば、一般的なとんかつ(ロース)250グラムの場合、1枚あたりのカロリーは約500kcal。

そのうちお肉のカロリーが270kcal、サラダ油のカロリーが130kcal、パン粉や卵等のカロリーが100kcalです。

 

一般的なとんかつ定食の場合、これにお米と野菜、お味噌汁、漬物などがついて、大体900kcalです。

ダイエット中の食事としてこれだけのカロリーはちょっと取り過ぎです。

 

しかし、トンカツ単体で見た場合は500kcalなので、そこまで高カロリーではありません。

例えば、ご飯等を酵素ドリンクで置き換えて、

トンカツに千切りキャベツ、そして酵素ドリンクというメニューにすれば1食600kcal程度に抑えられます。

このぐらいのカロリーであれば、ダイエット中でも全く問題はありません。

 

食べ過ぎないように、カロリー計算をしながらであれば、

ダイエット中に揚げ物を食べても良いのです。

 

お惣菜の揚げ物はトースターで焼くといい

中年男性の方には非常に多いと思いますが、

揚げ物って仕事帰りにスーパーでお惣菜として買うことが多くないですか?

このスーパーの揚げ物も調理方法次第で随分とカロリーをカットできちゃいます。

それは、トースターやロースターで暖める事です。

 

お惣菜の揚げ物には揚げ油がびっしりとついていると思いますが、

トースターで焼いてあげると、ついていた油が驚くほど下に落ちてくれます。

しかも衣もサクサクに仕上がって驚くほどあっさり美味しくなります。

 

オーブン等のトースターで焼く場合、100円均一の網の上に乗せて焼くと、

下に落ちた油に揚げ物がつかないので、べちゃべちゃにならなくて良いですよ!

美味しくてカロリーも大幅カットできるので、是非試してみて下さい!

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ