暑いより寒いほうが痩せやすい

寒い方が痩せる

寒い季節はダイエットのチャンス

最近になってめっきり冷え込んできましたね。

寒いと外に出るのが億劫で、家の中に篭ってしまいがちです。

しかも寒い季節はご飯が美味しいから、つい食べ過ぎてしまうことにも・・・

 

と、ついつい太ってしまう理由がたくさんある冬なんですが、

実は冬はダイエットには最適の季節でもあるんですよ。

 

春から夏の薄着の季節に合わせて暖かくなってからダイエットを始めて

冬に溜め込んだ脂肪を落とそうとする人が多いですが、

実は寒いうちからダイエットに取り組んでいたほうが効率が良いのです。

 

寒い方がカロリーを消費しやすい

スポーツやダイエットというと、暖かく、天気のいい日のスポーツ等がイメージしやすいと思います。

しかし実は、体と言うのは寒い方がカロリーを消費しやすく出来ています。

 

それは、体の体温維持に使うエネルギーが関係しています。

体は体温を一定に維持するためにエネルギーを使っています。

 

そもそも、カロリーというのは水の温度を1℃上昇させるのに必要なエネルギーで、

人間の体の体温維持にも同じようにエネルギーが必要になります。

人間の場合は骨格や体質等で変わってきますが、おおよそ1gの体温を1℃上げるのに1calが必要だと言われています。

つまり、体重60kgの人の体温を1℃上昇させるには60kcalが必要な訳です。

 

なので、気温が厚い場合と寒い場合では、外気に奪われる体温が違うので、

体の体温を保つために必要なカロリー数が違ってくるんです。

 

寒ければ寒いほど体温が奪われて行くので、

じっとしているだけでもより多くのカロリーが使われるのです。

 

なので、同じ運動や生活をしていても、

暖かい場所よりも、寒い場所にいるほうが痩せやすいんです。

 

さらに、最近では体を冷やした方がカロリー消費が高いというメカニズムを利用した

着るだけで痩せる服も外国で開発されていたようです。

 

kiruyasebest

上のベストは背中や肩を冷やしてくれる事によって、

着ているだけで500kcalも余分にカロリーを消費してくれるようです。

さすがに冬に着る気にはなれませんし、そこまでするなら部屋の温度を下げればいいと思いますがw

 

このように、寒い方が痩せやすいことは世界的に注目されているんです。

 

寒い地方の人は何故太っている

しかし、ここで一つの疑問が生まれます。

それは暑い地方の人よりも、寒い地方の人のほうが太っているということです。

 

アメリカ等の食べ過ぎの肥満体国は別として、

インドやタイなどと比べて、フィンランドやロシアの人の方が肉付きがいいですよね?

 

体を冷やした方が痩せるのに、何故体型が逆転しているのか?

これは脂肪による体温維持のためであると考えられます。

 

脂肪は体温を保つ為に必要なものです。

なので、寒い地方の人は昔から脂肪を多く付けるような食生活をしているのです。

 

極寒の地方ではじっとしていても体温が奪われ、カロリーを消費してしまうので、

脂肪をたくさん蓄えていなければいけないのです。

 

だから寒い地方の人は沢山食べて、大きくて脂肪のついた体をしているのですね。

 

逆に、暑い地方の人は脂肪を蓄えている必要がないので、

必要以上に体に脂肪をつけていないのでしょう。

太っていると暑さにも弱いですしね。

 

なので、冬に寒いからといってガンガンに暖房を入れた部屋でぬくぬくしているよりも、

ちょっと寒いかなと思うぐらいの温度で生活していた方が痩せるには効果的です。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ