ダイエットにおける筋トレの必要性

筋肉とグリコーゲンとダイエット

ダイエットには筋肉が役立つ

さあ!ダイエットを始めるぞ!

と思ったとき、あなたは何を始めようと思いますか?

 

ランニング?水泳?

とりあえず有酸素運動を始めることから考えるのではないでしょうか?

 

確かに、体についてしまった脂肪を燃焼するためには有酸素運動が有効です。

しかし、有酸素運動より先にもっと重要な事があります。

それが筋トレです。

 

「筋肉量を上げれば基礎代謝が増えるんでしょ?それ何度も聞いたわ」

ええ、もちろんそれはダイエットにおいて重要な事です。

しかし、それ以外にも筋肉はダイエットにおいて重要な役割を果たしているんです。

 

食べた糖質をグリコーゲンとして貯蔵できる

筋肉がダイエットで重要な理由として、

筋肉は炭水化物などから摂取した糖質をグリコーゲンとして蓄える事が出来るからです。

 

糖質は体を動かすために必要なガソリンみたいなものです。

食事から摂取した糖質は、グリコーゲンと脂肪に分かれて体内に蓄積されます。

 

グリコーゲンとは、簡単に言うとスグに使うエネルギーです。

肝臓や骨格筋に蓄えられ、運動したり、日常生活でまず使われるのが、このグリコーゲンです。

このグリコーゲンが少なくなると脂肪をエネルギーに変えて使うため、脂肪が燃焼されて痩せる事ができる。

これが一般的なダイエットの法則です。

 

ここで重要なのがグリコーゲンの貯蔵量です。

体に溜めておけるグリコーゲンというのは、上限が決まっています。

体に必要なグリコーゲンが十分にたまると、

糖質はグリコーゲンではなく、脂肪として体に蓄えられます。

 

例えば、体にグリコーゲンを500溜めておけるとして、

糖質を800採ると、300は脂肪として蓄積されるということです。

つまり、太るということですね。

 

このことから、糖質を脂肪として蓄えないためには、

糖質を制限するか、グリコーゲンの貯蔵量の上限を上げる事が必要とういことが分かります。

 

糖質を制限するのは、炭水化物の置き換えで簡単におこなえますが、

グリコーゲンの貯蔵量を上げるってどうすれば?

それは冒頭でも言ったとおり、筋肉への貯蔵量を上げればいいんです。

 

グリコーゲンは肝臓と骨格筋に貯蔵されるのですが、

1:3の割合で筋肉に貯蔵される量が多くなっています。

つまり、筋肉量を上げれば、グリコーゲンの貯蔵量も上げることが出来るんです。

 

なので、筋トレで筋肉量を上げておけば、

炭水化物を食べても、一時エネルギーであるグリコーゲンとして使われる量が増えるので、

脂肪として体に蓄積されにくくなるんです。

 

女性こそ筋トレが有効!

ダイエットに筋トレを組み込むのは、実は女性にこそ有効です。

なぜなら、一般的な女性は男性に比べて筋肉量が少ないからです。

なので、少しの筋トレを始めるだけでも、筋肉量がすぐに上がりやすいんです。

 

上記のように筋肉量が増えれば、基礎代謝が上がるし、

炭水化物を食べても脂肪が体につきにくくなります。

 

何より、適度に筋肉がついて引き締まった体は美しい。

ダイエットに成功したとしても、締まりの無い体だと美しくないですね。

 

ファッションモデルやグラビアアイドルも体型を保つために筋トレをしています。

ただ痩せるだけでなく、綺麗な体を目指して、ダイエットに筋トレを組み入れてみましょう!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ