氷を食べて痩せる!?氷ダイエットとはいかに?

氷を食べると痩せる

氷を食べるだけで痩せる

朝バナナダイエットや夜トマトダイエット、

●●を食べれば痩せるというダイエットは度々注目されますね。

 

大体のダイエットは食事の変わりに●●を食べれば痩せるなどの置き換えダイエットが主流です。

食べるだけで痩せていくものなんて、ほとんど無いですからね。

 

そんな中、実は食べることで痩せるものが注目されています。

それがなんと「氷」です。

 

えのき氷とか、何かの成分が入った氷ではなく、

何の変哲も無い氷です。氷を食べるだけで痩せるというのです。

 

氷なんてどこの家庭でもできるし、安いし、手軽に始められそうですね!

 

氷を食べるとカロリーを消費する

なぜ氷を食べるとダイエットになるかというと、

それは氷によって体が冷やされることで、余分にカロリーを使うからです。

 

以前に寒いほうが痩せるとご説明したときと同じ原理ですが、

人間は体温を保つためにカロリーを使って熱を発生させるので、

体を冷やしたほうが体を温めるためにカロリーを余分に使うようになるんです。

 

なので、氷をたくさん食べて体を冷やせば、それだけでカロリーが使われるようになるんですね。

 

でも、簡単そうに見えて実はそんなに簡単ではないんですよ、この氷ダイエットは。

氷を食べる事でどれぐらいのカロリーが消費されているかと言うと、

1リットル分の氷を食べて160kcal程度の消費なんです。

 

氷はカロリーが無いし、原価もほぼゼロなので実践はしやすいのですが、

1リットルも氷を食べるのは大変だと思います。

 

夏ならまだ間食に氷を食べていても苦にはならないかもしれませんが、

冬は凍えてしまいそうですよね。(その分ダイエット効果も高そうですが)

 

アイスは太らない?

上記の理論でいえば、冷えているもののほうがカロリーを消費しやすいという事になります。

つまり、ケーキやスナック等よりもアイスのほうが太らないとうことになります。

 

しかし、アイスは糖質が多く、消費するカロリーを摂取カロリーが上回ってしまう可能性があります。

例えば、明治エッセルスーパーカップの場合、容量が200mlなので、

氷ダイエットの消費熱量と照らし合わせると、1個あたり約32kcalの消費になります。

 

スーパーカップは1個374kcalあるので、差し引き332kcal分太ってしまう事になります。

これはバニラアイスが乳製品なのでカロリーが高いせいでしょう。

 

では、氷に近そうなアイスキャンディーではどうでしょうか?

定番のガリガリ君の場合、113mlなので消費カロリーは約18kcal。

カロリーは70kcalなので、差し引き52kcalです。

これならおせんべい一枚程度なので、そこまで太らないお菓子には分類されそうです。

 

冷たいものでカロリー消費を上げるのは大変

以上のように氷やアイス等を食べれば確かに消費カロリーは上がりますが、

頑張って体を冷やしてまで食べた割には消費カロリーが低く、なんだか報われない気がします。

 

まぁ、この理論を応用すれば、冷たいお蕎麦を食べたり、

デザートはフルーツを凍らせたものにするなどなど、ちょっとづつでも消費カロリーを増やす事は出来そうです。

 

でも、やっぱりあったかくて美味しいものを食べたいですよね。

無理して氷食べるよりも、酵素ドリンクで置き換えをしたほうがよっぽど楽です。

 

酵素ドリンクなら一食分の主食を置き換えるだけで300kcal~400kcalぐらいはスグに抑えられます。

氷2リットル分ですね。。。

 

私はあまり我慢したくないタイプなので、氷を食べてまで痩せようとは思いません。

どうせなら、好きなモノを食べて、ちょっとだけ置き換えダイエットして摂取カロリーを抑えるほうが、人生ハッピーですね。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ