辛いものはダイエットに効果的なのか?

辛いものを食べるだけで痩せる

辛いものを食べて痩せる

辛いものはお好きですか?私は大好きです。

辛いものを食べると汗がドバーッと吹き出て気持ち良いですよね。

 

さて、この辛いものに関してですが、

ずいぶん前からダイエット食品としても注目されていますね。

何でも唐辛子等に含まれているカプサイシンという成分が脂肪燃焼に効果的だとか。

 

一時はキムチを食べているから韓国人は痩せているという噂があったり、

唐辛子を利用したダイエットサプリメント等もたくさん登場していました。

 

女子達も「辛いもの食べていっぱい汗出たから痩せるねー」

なんて言って、バクバク食べているのをたまに見かけます。

 

しかし、辛いものを食べるだけで本当に痩せるのでしょうか?

実は、辛いものを食べるだけでは痩せることは出来ません。

 

カプサイシンで脂肪燃焼するメカニズム

カプサイシンとは、唐辛子の辛味の主成分となる刺激物質です。

カプサイシンを摂取すると、体が刺激され、アドレナリンが分泌されます。

このアドレナリンが脂肪を分解してエネルギーとして使う役割をもつ

リパーゼと言う酵素の分泌を促進させるのです。

 

リパーゼが分泌されている状態だと体は脂肪をエネルギーとして使ってくれるので、

脂肪の燃焼が促進されていきます。

 

上記の理由から「辛いもの=痩せる」と認識されているようですが、

正確には「辛いもの=脂肪をエネルギーとして使いやすくする」です。

 

辛いものを食べてリパーゼの分泌が多くなれば脂肪は燃焼されやすくなります。

しかし、リパーゼが分泌されていても、食事から十分な栄養が摂取されている場合、

脂肪をエネルギーに変える必要が無いため、脂肪はエネルギーとして使われません。

 

それはそうです。脂肪は本来非常食のようなものなので、

エネルギーが足りている時はリパーゼが働いていようと、無闇に燃焼させるものではないからです。

 

なので、辛いものを食べるだけで、運動を何もしなければ痩せることは出来ないのです。

あくまで、辛いものは体を痩せやすくするということですね。

 

なので、運動前にちょっと辛いものを食べておくとダイエットには効果的かもしれません。

 

辛いものは食欲を増進させる

さて、ダイエットを補助する効果が期待できる辛い食べ物ですが、

反面、ダイエットの大敵となる可能性もあります。

 

それは、辛いものは食欲を増進させるという面を持っているからです。

 

あなたも、「夏バテで食欲な~い」なんて思っていても、

何故か麻婆豆腐やカレー等はサクサク食べれてしまった経験はありませんか?

 

これは辛味成分によって食欲が増進されているからです。

辛いものを食べると、胃の粘膜が刺激されて、脳から消化液を多く分泌するように命令が出ます。

そうすると、消化は活発になり、胃と腸が元気になるので、より食欲が増すというわけです。

 

実際、麻婆豆腐や坦々面などの辛い中華料理は、

熱くて湿度の高い四川地方で夏バテ解消の滋養強壮のために作られたと言われています。

そのくらい昔から、辛い食べ物の食欲増進効果は認められていたんですね。

 

なので、ダイエットに良いからという理由で辛いものを食べると、

食欲が増えすぎて、ついつい食べすぎになってしまうという事もありえます。

 

辛いものは確かにダイエットに効果的ですが、

たくさん食べればそれだけで痩せるものではありません。

くれぐれも食べすぎには注意しましょう!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ