運動前のコーヒーでダイエット効果アップ!

運動前のコーヒーで脂肪燃焼

コーヒーが脂肪を燃焼する

我々、おっさんを代表とする飲み物と言えばビール、そしてコーヒーですね。

朝からシャキッと仕事をするために、コーヒーは欠かせないものです。

 

そんなコーヒーですが、実はダイエットにも効果的だという事はご存知ですか?

コーヒーを飲むと脂肪燃焼効果を高めることができるんです。

 

毎日の美味しいコーヒーにそんなステキな効果があったとは!

ただし、コーヒーを飲めば脂肪が落ちるとか、

コーヒーさえ飲んでおけばいくら食べても大丈夫とか

そういう類のものではありませんのであしからず。

 

脂肪はそのままではエネルギーとして使えない

脂肪を落として痩せるためには、脂肪として蓄えられたエネルギーを使わなければいけません。

ですが脂肪はそのままの状態では血液中になじめず、吸収することが出来ないのです。

 

そこで、活躍するのがリパーゼという酵素です。

リパーゼは中性脂肪を分解して、エネルギーとして使える状態にしてくれる働きがあります。

このリパーゼが活発に働く事によって脂肪がどんどんエネルギーとして消費されるようになるのです。

 

では、リパーゼが活性化するためには何が必要なのでしょうか?

まず一つが空腹です。

お腹が減った状態というのは体がエネルギー不足になっているので、

足りないエネルギーを脂肪から得るためにリパーゼの働きが活発になります。

 

そしてもう一つが筋トレ等の運動です。

筋トレをすると筋肉に蓄えられたグリコーゲンがまず先に使われます。

しかし、筋肉がグリコーゲンをエネルギーとして消費していくと、体は徐々に低血糖の状態になっていきます。

これは空腹時と同じ状態に体がなっていくという事です。

 

そうすると、体はエネルギーを筋グリコーゲンからだけではなく、

脂肪からも得ようとするので、リパーゼの働きが活発になってくるのです。

 

空腹時と筋トレ後の両方に言えることですが、

リパーゼが活性化されるには血糖値が下がっている状態になる必要があります。

お腹が減っていたり、運動したりしていて糖分のエネルギーが無くなってはじめて、

脂肪のエネルギーが使われるというわけです。

 

コーヒーにもリパーゼが含まれている

脂肪をエネルギーとして利用するにはリパーゼの働きが必須ですが、

実はリパーゼは食品からも摂取する事ができます。

その中でも最も我々の身近にあるのがコーヒーです。

 

コーヒーに含まれるリパーゼは体内のリパーゼと同じように、

脂肪を分解してエネルギーとして利用可能な状態にしてくれる作用があります。

 

なので、運動を始める30分程度前にコーヒーを飲むと、

運動開始時から脂肪を効率よくエネルギーとして利用することが出来るのです。

 

コーヒーを飲めば痩せるわけではない

ただし、コーヒーに含まれるリパーゼが脂肪燃焼に効果的とはいえ、

飲んだだけで脂肪がどんどん燃焼されるわけではありません。

 

リパーゼによって一度分解された脂肪も、

体内でエネルギーとして使われないと、元の脂肪に戻ってしまいます。

つまり、脂肪は分解した後にエネルギーとして使う必要があるのです。

 

なので、単純にコーヒーを多く飲めば痩せやすい体質になるのではなく、

コーヒーを飲んだ後は、運動で脂肪を消費しやすい状態になっていると認識する事が重要です。

 

しかし、コーヒーを飲んで走るだけで、脂肪がどんどん使われていると考えると、

ランニングがすごく楽しく感じませんか?

 

しかもコーヒーのカフェインで眠気も吹き飛んで、

スポーツにもビシッと気合が入るはずです。

 

皆さんも、コーヒーのんでスポーツしましょう!

そしてガンガン脂肪を燃やしちゃってください!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ