酵素ドリンクは妊娠中、産後のダイエットにもオススメ

産後、妊娠中のダイエットも酵素ドリンク

産後太りを酵素ドリンクで撃退

人生において太りやすい時期と言うのはあるものです。

女性にとっては中年太りと同じぐらい太りやすいのが妊娠中ですね。

お腹の中の子供を元気に育てるために、たっぷり栄養を補給するので、

お母さんもたっぷり脂肪を蓄えてしまいまいがちです。

 

同僚の奥さんも妊娠を境にたっぷり太ってしまっていて、

元に戻らなくなったという話もちらほら。

 

産後太りも中年太りと同じように、一度太ってしまうとなかなか痩せづらいものです。

ダイエットは太り始めが重要!早めの対策で妊娠前の体型に戻してしまうのが吉ですね。

 

まず、産後太りの原因ですが、これは言わなくても分かりますよね。

運動不足食べ過ぎです。

 

赤ちゃんがお腹の中にいれば激しい運動は出来ないし、可能な限り安静にしているべきです。

なので、自然と運動不足になってしまうんですね。

 

また、お腹の中の赤ちゃんの栄養はお母さんがしっかり補給しなければなりません。

2人分の食事を摂る必要があるので、お母さんはついつい食べ過ぎてしまいます。

そして、その食べ過ぎのクセが出産後も残ってしまうケースもよくあるようです。

 

上記のように、妊娠中に太ってしまう事はある程度仕方が無い事です。

しかし、出産後にずっと太ったままでいるのは、妊娠中の運動不足&食べ過ぎを治せずに、

ずっと同じような生活を続けてしまっているのが原因です。

つまり、ちょっと甘えてしまっている状態ですね。

既に赤ちゃんを産んだのだから、生活リズムも、食生活も徐々に普通に戻して行かなくてはなりません。

 

ですが、出産後の女性の体は非常に不安定な状態にあると言えます。

特に、ホルモンバランスが崩れていて体調を崩してしまいがちだったり、

出産による急激な体型の変化にも体がついていけません。

 

なので、出産直後に激しい運動をしたり、無理な食事制限は

お母さんの体にとっては非常に危険なのです。

 

出来れば、ダイエットのための運動も、出産後2〜3ヶ月程度経ってからがいいでしょう。

それでも、激しい運動はまだ控えた方がいい時期です。

 

なので、出来ればゆるやかな食事制限から始めて行く事がベストです。

まずは2人分食べ過ぎていた食事量を減らす事から始めて行きましょう。

 

「私は母乳を与えているから、二人分食べていても大丈夫」なんて思っているかもしれませんが、

授乳で消費するカロリーは1日約500kcalと意外に少なく、牛丼一杯でオーバーしてしまうぐらいです。

 

なので、授乳中でも痩せたい場合はカロリー制限をするべきなんですね。

しかし、授乳中はやたらとお腹がすくものです。

赤ちゃんの授乳は1日に数回行われるので、3食の間にもお腹がすいてしまい、

ついつい甘いものなど、間食をしてしまいがちです。

 

しかし、糖質の摂り過ぎは母乳の質に影響を与えます。

なので通常の食事で摂取する炭水化物以上の糖質は摂らない方が良いのです。

 

それでもお腹が減ってしまうし、おやつが食べたいと言うときは

おやつ代わりに酵素ドリンクを飲んでみましょう。

酵素ドリンクは糖質は低めに作られていますが、

味もしっかりしていて栄養も豊富なので、食事間の空腹を満たすのに最適です。

 

また、ビタミン等の栄養素も豊富に含まれているので、

健康的な母乳を作り出すのにも適しています。

 

妊娠中も酵素ドリンクを飲んでも大丈夫

妊娠中に太ってしまう事はある程度仕方が無い事ですが、

体型を気にする女性の中には、妊娠中も出来るだけ太りたく無いと思ってる人も少なく無いと思います。

 

しかし、妊娠中に激しい運動や食事制限は御法度!

赤ちゃんのためにはダイエットは良く無い事です。

 

そんなときにも活用できるのが酵素ドリンクです。

酵素ドリンクは栄養補助食品なので、胎児に影響を与える事無く

置き換えダイエットをする事が可能です。

 

妊娠中は運動で脂肪や糖分のエネルギーを消費しづらく、

食べた分は脂肪に変わりやすい状態ですので、必要以上の糖分、脂肪分は控える事がベストです。

 

妊娠中、特に必要とされているのが鉄分や亜鉛、カルシウム、ビタミンだと言われていますので、

それらを多く含む魚介や肉、豆類、野菜などを毎食しっかり摂取し、

夕飯のタイミングで炭水化物を酵素ドリンクに置き換えるようなダイエット方法が望ましいですね。

 

そうすれば、妊娠時に消費しづらい糖質も抑えられ、

糖質のエネルギーが過度に余ってしまうことも防げます。

 

しっかり栄養をとりつつ、抑えられるところは抑えるのが

妊娠中も体型を保つための秘訣ですね。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ