酵素ドリンクは朝食?それとも夕食?

酵素置き換えは夕食がベスト

置き換えダイエットは何を置き換えるべきか

酵素ドリンクでのダイエットのキモとなるのは、

普段の食事から、何を酵素ドリンクに置き換えるか。これにつきます。

 

そもそものコンセプトが、カロリーの高い食べ物の代わりにカロリー低めのものに置き換えようということなので、

何の食べる量を減らすかは結構重要です。

 

私は元々良く食べるオッサンなので、あまり減らしすぎるとお腹が減ってしまうので、

お肉や野菜をたっぷり食べて、ご飯などの炭水化物の代わりに酵素ドリンクを飲んでいましたね。

 

そして何を置き換えるかと同じぐらい重要なのが、

朝食、昼食、夕食のうち、どのタイミングで酵素ドリンクでの置き換えをするかです。

 

よく酵素ドリンクのメーカーのオススメの飲み方で紹介されているのが、

朝食と夕食のどちらかのタイミングで飲むというもの。

 

多分、若い女性の場合は朝ご飯の置き換えが一番簡単に実践できるので、

朝ご飯の置き換えを始めに実践するかもしれませんが、

実は夕飯の置き換えが一番重要だったりします。

 

朝食を置き換えても無意味?

置き換えダイエットでは、朝食よりも夕飯を置き換えた方が効果的です。

その理由は一日のエネルギー消費のバランスにあります。

 

よくダイエットでは摂取カロリーと消費カロリーの単純な数値のみが利用されがちですが、

実は1日の摂取カロリーと消費カロリーを計算するだけではうまく脂肪は消えてくれなかったりします。

 

それは、一日の中でのエネルギーがより多く使われる時間とそうでない時間があるからです。

 

普通の日常生活を送っている場合、

大体の人は7時ぐらいに朝食をとり、活動を始めます。

そして12時ぐらいに昼食、19時ぐらいに夕食といった生活リズムになるかと思います。

 

食後、食べたものがエネルギーとして吸収され、活動に使われるのに1〜2時間程度とされています。

そしてそのエネルギーを使う事によって人間は活動しています。

 

午前や午後の日中は仕事や学業等で頻繁に活動をしている時間なので、

比較的カロリーは消費されやすい時間帯だと言えます。

なので、朝食や昼食で摂取したカロリーは日中の活動で十分消費し切れるでしょう。食べ過ぎなければ。

 

しかし、夕食を19時に食べたとすると、

エネルギーとして消費し始めるのは21時以降ということになります。

この時間帯までいくと、ほとんどの人は休息を取ったり、後は寝るだけだったりします。

寝ている間の消費カロリーというのは通常の起きている間の活動時間と比べて少ないので、

夕食で食べ過ぎるとエネルギーを使い切れない可能性があります。

そうすると使い切れなかったエネルギーは脂肪として蓄えられてしまいます。

 

さて、上記の事柄をまとめると、

①朝食や昼食で食べたカロリーは日常生活で消費しやすい。

②1日のうち、カロリー消費しやすい時間とそうでない時間がある。

③夕食を食べ過ぎると、カロリーがエネルギーとして使いきれない可能性がある。

となります。

 

これを酵素ドリンクでの置き換えダイエットにあてはめると、

朝食で摂取したカロリーは日中に使い切れるので、酵素ドリンクに置き換える必要は無く、

逆に夕食で摂取したカロリーは、その日のうちに使い切りづらいので、

酵素ドリンクに置き換えて摂取カロリーを抑えた方がいいということになります。

 

このように、一日のうちに、いつカロリーを摂取していて、

いつカロリーをエネルギーとして使っているかを考えて置き換えダイエットをすることで、

より効果的に痩せる事が出来ます。

 

酵素ドリンクで置き換えをするなら夕食!これが一番オススメです!

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ