食べ過ぎによる酵素の悪化が痩せにくい原因を作っている

食べ過ぎで酵素の働きが悪化する

食べ過ぎは酵素の働きを悪化させる

「太っている原因は食べ過ぎだ!」

と言うのは今更言うまでも無い事実ですね。

 

不必要に食べれば食べるほど、無駄なエネルギーが脂肪として蓄積されていきます。

 

さて、今日お話したいのは単純なカロリーの足し算、引き算ではなく、

食べ過ぎがもたらす体質の変化に関してです。

 

肥満に関して、体内の酵素が関係している事は以前にお話しましたね。

※中年太りの原因を参照。

 

体内のエネルギーを消化酵素が分解、吸収し、

代謝酵素によって活動するエネルギーとして使っていうものです。

 

実は、このときに使われる酵素の総量というのは消化酵素と代謝酵素を合わせたものになります。

つまり、消化酵素が多く使われていると、代謝酵素に使われる量が少なくなってしまうのです。

 

摂取したエネルギーを効率的に使って行くためには代謝酵素の働きを高めて

スムーズにカロリーが消費されるようにすることが重要です。

 

ところが、食べ過ぎの状態が続いている人は、

食べた物を消化するために消化酵素を必要以上に多く使いすぎてしまい、

代謝酵素の活動量が少なくなってしまう状態になっています。

 

この状態では食べれば食べるほど代謝酵素の働きが悪くなって行ってしまうので、

基礎代謝で消費される効率も悪化して行ってしまい、痩せにくい体質が出来上がってしまうのです。

 

これによって、基礎代謝による消費カロリーも下がってしまうため、

単純な摂取カロリーと消費カロリーの計算もしづらくなってきます。

 

例えば基礎代謝が通常2000kcalの人の場合、

2000kcal摂取すると、2000-2000=0なので差し引きはゼロ。

しかし、2500kcalを摂取した場合、代謝酵素の働きの悪化を考慮すると、

基礎代謝が2000kcal以下に落ちているため、単純に2500-2000=500のようにならず、

余分なカロリーは500kcal 以上になってしまいます。

 

食べ過ぎた時こそ酵素ドリンク!

上記のように、食べ過ぎによって酵素の働きが悪化し、

体はより太りやすい状態になってしまいます。

 

このときに問題なのは、消化酵素が使われすぎる事によって、

代謝酵素の働きが鈍ってしまうことです。

 

ここで力を発揮するのが食物酵素です。

食物酵素を補給することによって、消化、吸収を助けることが出来るのです。

食物酵素が消化酵素の役割をしてくれ、消化酵素の量を抑える事が出来るので、

食べ過ぎによって代謝酵素の働きを阻害せずに、代謝量を正常に維持する事が出来ます。

 

kosoryou

 

なので、ちょっと食べ過ぎてしまったなと思ったときは、

酵素ドリンクで食物酵素を補給してあげるのがオススメです。

 

でも、「食べ過ぎても酵素ドリンクを飲めば全て帳消し!」と言う事ではありません。

食べ過ぎてしまった場合の補助として、食物酵素を補給してあげているにすぎません。

本来なら、きちんとカロリーを計算して、食べ過ぎない事が重要です。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ